教育プログラム

HOMEへ戻る

研修目標

  • 1.一般目標
    • 呼吸器疾患の外科治療に関する基本的知識、技能、態度を修得する。
  • 2.行動目標
    • 医師としての実力、品位、姿勢、協調性について学ぶ。
    • 患者・家族との信頼関係を構築する。
    • 病歴聴取とカルテ記載を行い、症例提示と問題提起をする。
  • 3.経験目標
    • 呼吸器疾患に対して適切な対応がとれるように経験を積む。
    • 病歴聴取と身体理学所見の把握から、鑑別診断の方向付けをする。
    • 酸素投与、胸腔ドレーン(挿入及び抜去)に精通する。
    • 画像診断力(胸部X線, CTによる解剖的部位、質的評価)を獲得する。
    • 呼吸器疾患の手術適応に関する全身評価(耐術能)、疾患の評価(stage, EBMに基づく治療指針)の実際を学ぶ。

研修計画

  • 1.手術:
    手術に助手として参加し手術の実際を学ぶ。術前・術後の全身管理や状態の変化を捉え、適切に対処できる技能を身につける。
    • 初期研修:閉創時の糸結びの実施
    • 呼外研修:
      • 1ヶ月目 VATS肺部分切除術の術者
      • 2ヶ月目 標準開胸および閉胸時の縫合
      • 1年目  部分切除術の術者10例
      • 2年目  肺葉切除術の術者10例(リンパ節郭清を除く)
      • 3年目  受け持ち症例の術者
  • 2.検査:気管支鏡検査(毎週金曜)に立ち会い実際を学ぶ。
    • 初期研修:気管支腔内の観察および抜去
    • 呼外研修:
      • 1ヶ月目 気管支鏡の挿入
      • 2ヶ月目 喉頭麻酔
      • 1年目  気管支鏡検査(TBLB等)の実施
      • 2年目  EBUSの実施
  • 3.病棟:朝、夕に指導医と回診し、状態の変化を捉え適切に対処できる技能を身につける。
  • 4.各種カンファレンスに参加し症例提示を行う。
    • 教授回診(毎週月、木)
    • 呼吸器外科カンファレンス(毎週火曜)
    • 呼吸器内科外科カンファレンス(毎週水曜)
    • 腫瘍内科との術前カンファレンス(毎週木曜)
    • 呼吸器抄読会、勉強会(毎週火曜)

週間予定

教授回診 教授回診 教授回診 抄読会
教授回診
教授回診 off
午前 病棟 手術 手術 外来陪席 病棟 病棟 off
午後 外来陪席 手術 手術 病棟 気管支鏡 off off
術前C 呼内C
術前C
off off

その他

  • ・初期研修を終えている医師は週1列(午前、午後)の外勤を認める。
  • ・週休1日を最低保証するが自己都合によるものは除く。
  • ・夏期、および冬期(春期)休暇はそれぞれ平日5日間(土日を含めると最大9日間)。
  • ・産休、育休を保証し、その間のキャリアアップをサポートする。

キャリアパス

呼吸器外科 キャリアパス(モデルコース)

<オーダーメイド・カリキュラム・システムを採用>

-多種多様な医師像-

  • ・大学教授、公立病院の外科部長
  • ・一般病院の外科長
  • ・実家を継ぐ
  • ・出産、育児に専念する時期が欲しい
  • ・離島、無医村、災害地、戦地での医師
  • ・医師は副業、他業種(芸能、飲食等)に力を入れる etc.

上記の多種多様なキャリア・デザインに応えるカリキュラム作成を行っています。

<若手医師は労働力ではない!研修し戦力とする!>

  • ・当直明けの午後はフリー(帰宅)
  • ・ウェットラボ(年2回)による手術合宿開催
  • ・医学博士号、外科専門医の取得をサポート

年間スケジュール

春の学会
日本外科学会定期学術集会、日本呼吸器外科学会総会
日本呼吸器内視鏡学会学術集会、ESTS
夏の学会
日本気胸・嚢胞性肺疾患学会総会
秋の学会
日本胸部外科学会定期学術集会、日本肺癌学会学術集会
冬の学会
日本胸腺研究会、STS、ASCVTS
その他
慶應肺癌研究会(年2回)、転移性肺腫瘍研究会(年2回)、
関越肺癌研究会(年2回)
トレーニング
ウェットラボ年2回()、
ドライラボ年3回(4ヶ月ごと適宜/3月5月

いつでも見学・研修を受け付けます。
見学・研修に関する問い合わせは matsutan@med.teikyo-u.ac.jp まで。

ページTOPへ
臨床研究
至適投与法 連日vs確実
多施設共同研究「エスカルゴ002」
  • 外来受診の手続き
  • 交通アクセス
  • お問い合せ
  • いずみ記念病院