NEWS & TOPICS

HOMEへ戻る
2018.05.2626th ESTS MEETING
平成30年5月27日(日)~ 30日(水) スロベニア リュブリャナにて26th ESTS MEETING(European Society of Thoracic Surgeons)が開催され、山内良兼先生、堺崇先生が発表をしてきました。
ESTSは採択率が低いのですが、昨年に引き続き当科から2名の演題が通り発表ができたことはとても嬉しく思います。来年は主催学会直前のため参加は難しい状況ですが、IASLCやAPCBなど他の国際学会にも目を向けて、引き続き研究や学会発表などに力を入れて頑張っていきたいと思います。
photo_news_26th ESTS MEETING

山内 良兼
演題名:C-Reactive Protein-Albumin ratio is a valuable prognostic market to predict the tumor-recurrence in elder patients with completely-resected lung cancer

堺 崇
演題名:SAFE RESECTION OF THE LEFT SUBCLAVIAN ARTERY INFILTRATED BY LOCALIZED MALIGNANT PLEURAL MESOTHELIOMA AFTER THORACIC AORTIC ENDOGRAFTS

photo_news_26th ESTS MEETING

photo_news_26th ESTS MEETING

photo_news_26th ESTS MEETING

リュブリャナはスロベニアの首都ですが、コンパクトでとても素敵な建物や建築物がある落ち着いた雰囲気の街でした。

NEWS & TOPICS一覧へ >>
ページTOPへページTOPへ
臨床研究
至適投与法 連日vs確実
多施設共同研究「エスカルゴ002」
  • 外来受診の手続き
  • 交通アクセス
  • お問い合せ
  • いずみ記念病院