NEWS & TOPICS

HOMEへ戻る
2018.04.05第118 日本外科学会定期学術集会(東京)
平成30年4月5日(木)~7日(土)東京にて第118回日本外科学会定期学術集会が開催され、川村教授や堺崇先生が発表をしてきました。
今年度の主要学会は関東近郊が多いため(少し残念?!)、発表者以外も参加しやすい環境にあります。それぞれが自身の目的意識をしっかりと持ち、来年の川村教授主催の学会に向けて学会発表を頑張ってくれることを期待しております。
来月は国内・海外の学会が続くのでお土産を期待しつつ、先生方が活躍される姿を楽しみにしております!

川村雅文
【複数領域セッション : 肝転移を伴う大腸癌の治療戦略】

堺 崇
【ポスター : 肺漏閉鎖動物モデルにフィブリン糊と補強シートを用いた早期耐圧能の検討】

photo_news_第118	日本外科学会定期学術集会(東京)
NEWS & TOPICS一覧へ >>
ページTOPへページTOPへ
臨床研究
至適投与法 連日vs確実
多施設共同研究「エスカルゴ002」
  • 外来受診の手続き
  • 交通アクセス
  • お問い合せ
  • いずみ記念病院