診療内容

HOMEへ戻る
photo_medical_01

当科では呼吸器疾患のうち外科的な治療・診断が必要な疾患を対象に診察いたします。 患者さんには負担が少ない術式を選択することを考慮し、自然気胸・転移性肺腫瘍ではほぼ全例で、肺癌の手術ではほぼ半数の症例で胸腔鏡手術が行なわれ、小さい傷で治療がなされています。

超音波気管支鏡(EBUS)を用いて縦隔リンパ節の穿刺吸引細胞診を行うことにより手術前の病期を確定し、必要に応じて手術前化学療法を実施いたします。複数の臨床試験に参加した経験から化学療法、放射線療法、分子標的治療、凍結治療等に習熟しており、進行した肺癌の手術後の補助療法(抗癌薬治療)や再発した肺癌の治療等につきましても患者様の希望を踏まえた上で最適な治療法をご提案いたします。

photo_medical_02 photo_medical_03

肺癌は70代、80代に多く、喫煙者が罹患しやすい疾患です。多くの患者さんが肺気腫などの慢性呼吸器疾患や糖尿病、心臓病などの他の慢性疾患を抱えています。当科は大学病院の強みを活かして内科系各科との連携を緊密にして治療に当たっており高齢者の肺癌手術でも良好な治療成績を収めています。

健康診断で胸部に異常陰影を指摘され専門の医療機関の受診を勧められた方や、既に他院で治療を勧められている方のセカンドオピニオンのご相談も受け付けています。

‐ 具体的な対象疾患 ‐

  • ・肺癌
  • ・転移性肺腫瘍(大腸癌や子宮癌などが肺に転移したもの)
  • ・縦隔腫瘍
  • ・胸膜中皮腫
  • ・自然気胸、巨大肺嚢胞
  • ・感染症: 膿胸、肺膿瘍、肺化膿症、結核、非結核性抗酸菌症
  • ・重症筋無力症
  • ・先天性肺疾患: 肺分画症等
  • ・外科的診断が必要な疾患(原因不明の胸水貯留・間質性肺炎)
  • など

‐ 退院までの目安 ‐

  • 肺葉切除・縦隔腫瘍切除: 術後5~7日間。
  • 肺部分切除(気胸・転移性肺腫瘍など): 術後2日間
    (但し、高齢の方や糖尿病や心臓病といった疾患をお持ちの方はもうしばらく入院をしていただいております。)

https://youtu.be/rrCBUJqnwFs >>

呼吸器外科手術件数の年次推移

fig_medical_01 graph_medical_03
ページTOPへ
臨床研究
至適投与法 連日vs確実
多施設共同研究「エスカルゴ002」
  • 外来受診の手続き
  • 交通アクセス
  • お問い合せ
  • いずみ記念病院